美濃焼ミュージアム

記事一覧(120)

企画展「武将とやきもの」 ~その5.土岐明智氏と古瀬戸系施釉陶器窯の接点を探る~

こんにちは!長らくこのシリーズを呼んでくださった皆様、ありがとうございます。ようやく最終回です。文献と考古を結びつけることは、とても難しくうまくいきません。しかしながら、瀬戸窯から妻木郷への工人の移動は考古学的にわかっており、移動先の土岐明智氏の所領である妻木郷は、守護勢力からある程度独立した立場(奉公衆)であって、さらに15世紀後葉には再び工人たちが瀬戸窯へ戻っていったことは確かです。では、土岐明智氏と古瀬戸系施釉陶器窯を結びつける可能性を探ってみます。1.古瀬戸系施釉陶器窯成立には幕府が関与していた?この時期、瀬戸窯の一部をなした飽津保(あかつほ)という地域は、幕府と密接な関係にある醍醐寺三宝院領でした。そして工人の移動先である妻木郷を治めていた在京の土岐明智入道玄宣は、奉公衆として幕府と非常に近い関係にあり、京都において時の権力者と間近に接することができた連歌会にも出席していました。瀬戸側も妻木郷側も幕府と結びつきの強い地域だったことから、室町時代中ごろまでは幕府による一定の保護があったのではないかと思われます。2.守護勢力の介入を嫌った工人が、窯業界で逃散行動を起こした?瀬戸窯においては15世紀になると守護方の介入が目立ち、尾張北東部では百姓逃散事件が多発しました。この頃、瀬戸から古瀬戸焼成窯がなくなる時期と概ね重なってくるとことから、守護勢力の介入を嫌った工人が、窯業界でも逃散行動を起こした可能性が考えられます。古瀬戸系施釉陶器窯と土岐明智氏を結びつけるような文献が見つからないため推測の域をでませんが、幕府と密接な関係である在京の土岐明智氏が古瀬戸系施釉陶器窯の受け入れをしたのであれば、工人の逃散先が守護勢力から半ば独立した存在の妻木郷だったことは、窯業生産者にとって最適の地だったと考えられます。そして在京の土岐明智入道玄宣が妻木郷から後退していく15世紀後葉に、時を同じくして美濃から瀬戸へ窯が戻った背景には、衰退する幕府の後ろ盾を失った在京の土岐明智氏の存在が考えられるのかもしれません。

企画展「武将とやきもの」 ~その4.土岐明智氏の内紛~

こんにちは!今日の多治見はとてもいい天気ですね。いよいよ展示も終わりに近づいてきました。とても渋い分野の展示ですが、特に最近はパンフレットをお持ち帰りくださるお客様が増えてきました!少しでも、地元の歴史に興味を持ってくだされば幸いです。さて、前回は土岐明智氏についてお話しましたが、今回はもっと具体的な話をしたいと思います。妻木郷(現在の岐阜県土岐市を中心とする地域)における土岐明智氏の内紛についての話ですが、これは資料で確認できます。一つは、延徳2年(1490)、在京の土岐明智入道玄宣が治めていた妻木郷において、在地の土岐明智上総介父子が違乱をはたらいた記録です。玄宣が困って訴えています。前回、当時の惣領は京都に住むことが基本というお話をしましたが、まさに玄宣が京都にいる間、在地において上総介父子が力をつけていたと思われます。そして明応4年(1495)には、室町幕府は玄宣と上総介父子に対して所領の折衷を命じる記録も残されています。今まで将軍のもとで仕えていた玄宣は、奉公の代わりに幕府の強力な保護のもと、所領安泰であったと思われますが、その所領を半分にされてしまうわけです。それだけ、幕府の力と玄宣の力が弱まってきていることが推定されます。そしてこの後には、妻木郷に関わる資料から玄宣の名は出てくることはなくなり、上総介父子の系統が妻木郷を治めていくことになります。さて、これは15世紀末の美濃国妻木郷でのお話です。では、その1、その2でお話した瀬戸側の事情と、その3、その4でお話した妻木郷側の状況を踏まえるとどうなるのかは…次回の最終回に続きます!

「永久の世界 古代中国の明器」展ギャラリートーク

こんにちは。今週も本当に冷え込みますね。。週末は天気も崩れるそうですが、お出かけに迷われている方、ぜひ美濃焼ミュージアムへお越しください^^今週末は1月から開催中の展覧会、「永久の世界 古代中国の明器」展のギャラリートークが行われます!展示担当学芸員が終日展示解説を致します。日程:2月11日(日)9:00~12:00、13:00~17:00場所:多治見市美濃焼ミュージアム ギャラリーM1*申し込み不要明器とは中国古代の貴族や豪族の墓に納めるためにつくられた副葬品の一種です。副葬品と一言で言いますが、この明器は古代中国の人々にとって非常に大切なものでした。そこには古代中国の死生観が関係しています。古代中国では人間は死ぬと「魂」(こん)と「魄」(はく)に分かれ、「魂」は天上世界にのぼっていき、「魄」は肉体と共に地下の墓の中で生き続けると考えられていました。そして、この霊魂はこの世に様々な影響力を持つと考えられ、正しく祀られず祖神があの世で不幸になった場合、子孫の繁栄に悪い影響が及ぶと考えられました。そのため、この霊魂が生き続ける死後の世界でも彼らが生活に困らぬよう、生活に必要なものを揃えなければという考えがこの「明器」につながっているのです。

企画展「武将とやきもの」 ~その2.そのころ瀬戸周辺では~

こんにちは!最近は本当に寒いですね。皆さま体調にはどうかお気をつけください。さて本日は、企画展「武将とやきもの」~その2.そのころ瀬戸周辺では~ です。前回は、美濃窯に古瀬戸を焼いた窯が現れた時期、瀬戸窯からはその窯が消えたことをお話しました。瀬戸の工人が美濃窯に移動したと考えられる話です。今回は、瀬戸の工人が美濃窯に移動した理由を、愛知学院大学の藤澤良祐先生の研究に基づいて考えてみます。これまでの研究では、瀬戸窯からの工人移動について、地元の有力な領主層が自分たちの国を豊かにする一種の経済政策として、瀬戸から窯を誘致したという説が主力となっていました。しかし、これはあくまで美濃側の都合で、瀬戸側の事情はあまり考慮されていません。お隣同士とはいえ、美濃国、尾張国では国が違います。そうやすやすと、工人を呼び寄せることなんてできるのでしょうか。そこで注目されるのが、現在の犬山市や一宮市、名古屋市北区で発生した百姓逃散事件との関連です。逃散というと、圧政からただ逃げてしまう印象を持ちますが、当時は「帰ってくることを前提とした」集団的な抗議行動だったと考えられています。イメージとしてはストライキのようなもので、抗議の手段だったのです。瀬戸周辺では、15世紀になると支配者側である守護方の違乱があったことが記録にあります。つまり、窯業界においても、瀬戸側の支配者の不正行為により、工人の逃散行為が行われた可能性があると考えられます。以上が、瀬戸窯を中心としたお話となります。次回、その3からは、いよいよ美濃国土岐一族の登場です。お楽しみに☆(光枝)