戦争とやきもの-代用品・統制品の真実-

【美濃焼ミュージアム】

現在開催中の「戦争とやきもの-代用品・統制品の真実-」では、ご覧になられて発見したこと、展示を通して考えたことを鑑賞シートにお寄せいただいています。

さまざまな年代、立場で感じることも違うようです。

一部をご紹介します。

・戦前、戦中、戦後のちゃわんを見て時代の流れを感じた。やきものをじらいや手榴弾など戦争のために使われていたことを知って悲しく思った。(15歳 男性)

・金属探知機で見つからないように陶器で地雷とかを作っていたという工夫にびっくりしました。そんな工夫は人を殺すためではなく、人の生活を豊かにするために使ってほしいなと思いました。(高2 女性)

・戦争を体験し、岐阜空襲を経験した者にとって、改めて平和を守り続けることの大切さを痛感しました。(87歳 男性)

ご覧になった方と考えたことを共有する場にしていただけたら幸いです。

美濃焼ミュージアムでは常設展のほかに

~9月16日(月祝)小企画展「戦争とやきもの-代用品・統制品の真実-」

~9月29日(日)企画展「美濃陶芸の明日展2019」

詳しくはこちら

http://www.tajimi-bunka.or.jp/minoyaki_museum/

Minoyaki Museum Official Blog

多治見市美濃焼ミュージアムの公式ブログです。展示、イベント情報など日々更新しています。

0コメント

  • 1000 / 1000