ニュース!新しい呈茶茶碗が加わります

こんにちは。

最近冷え込むようになってきたなぁと思ったら、早いもので、もう11月ですね。

11月と言えば、お茶の世界ではとても大事な炉開きの時期になります。茶人にとっては11月がお正月だという人もいるそうですよ!

さて、美濃焼ミュージアムでも呈茶をお楽しみいただけるのはご存知でしょうか。

人間国宝をはじめとする美濃を代表する作家の茶碗で呈茶をお楽しみいただけるサービスで、皆様から大変ご好評いただいております。

そして、この度なんと、、、

人間国宝の加藤孝造先生より、新しいお茶碗をご寄贈いただき、そのお茶碗を呈茶で皆様にお使いいただけることになりました!!

それも志野、黄瀬戸、瀬戸黒といった3点をご寄贈いただき、それぞれ違った趣をお楽しみいただけます。

瀬戸黒は孝造先生が人間国宝に指定された技法で、鉄分を多く含んだ釉薬をかけ、窯の温度が十分に上がり釉薬の溶け具合を確認したのちに熱い状態で窯から引き出し、そのまま水につけて急冷させ、黒く発色させるという非常に大胆な技法です。割れるか割れないか、そのぎりぎりをかいくぐって生まれた瀬戸黒には力強さを内に秘めた漆黒の美しさがあるのです。

(加藤孝造 瀬戸黒茶碗)


昨日は初めてこれらのお茶碗をお客様にお使いいただくという記念で、特別に3碗とも使用し、抹茶を提供しました。

お客様はとても大喜びで、じっくりと抹茶を堪能し、茶碗を鑑賞されていました。

順番に月替わりの茶碗のラインナップに加えていく予定です。(状況により遅れる場合もございます)

ぜひお楽しみに!HPで月替わりの茶碗をチェックしてくださいね。

松原

Minoyaki Museum Official Blog

多治見市美濃焼ミュージアムの公式ブログです。展示、イベント情報など日々更新しています。

0コメント

  • 1000 / 1000