企画展「陶芸(やきもの)と政治(まつりごと)-そして茶の湯 加藤十右衛門展」が始まりました!

こんにちは。

本日より、企画展「陶芸と政治-そして茶の湯 加藤十右衛門展」が始まりました。

さて、加藤十右衛門という方、ご存じでしょうか?

この方、知れば知るほどものすごい人なんです。

加藤重右衛門(後の陶芸家・十右衛門)は、土岐郡笠原村(現・多治見市笠原町)の陶磁器卸商である「山重商店」重右衛門(二代目)の長男・満寿三(ますぞう)として、明治27年(1894年)12月21日に生まれました。

後の昭和33年(1958年)、岐阜県重要無形文化財保持者に「黄瀬戸・黒織部・美濃伊賀」の技術で認定されております。

しかしそれだけではありません!

この展覧会をご覧いただくにあたって、いくつかキーワードがあります。

「第3代笠原町長」「陶芸家」「表千家流茶道」「尺八」「弓」

なんだろうって、思いますよね。

これらすべて加藤十右衛門にまつわるエピソードがあるんです。

ぜひそれはミュージアムでご覧ください♪

ミュージアムでは、多芸多才な人物・加藤十右衛門の作品に加えて、十右衛門にまつわる様々な展示もされておりますので、色々な角度から十右衛門展を楽しんでいただけます。

ぜひミュージアムへお越しください!

Minoyaki Museum Official Blog

多治見市美濃焼ミュージアムの公式ブログです。展示、イベント情報など日々更新しています。

0コメント

  • 1000 / 1000